2014年12月22日

スマホ時代の処世術

「スマホかガラケーか」という論争(?)を身近なところで聞くことがある。というか、そういった話を飲みながら友人たちと語り合ったこともある。

最近思うのは、スマホ(Smartphone)というネーミングが議論をややこしくしているのではないかということだ。「phone」とついているから、あれを電話だと認識しがちだが、あれは電話ではなくコンピュータだと捉えた方が実態に即している。

つまり、スマホとは「電話も出来るコンピュータ」という認識である。スマホを導入するか否かは、「その人のライフスタイルに、ハンディサイズのコンピュータが必要か、それを欲しているか」ということで決めたらよいのではないだろうか。

技術は社会を変える。そして、特定の技術は社会を劇的に変化させる。モバイル・コンピュータであるスマホは、そんな技術の1つかもしれない。

スマホ時代とは一体どんな時代なのか。そして、スマホ時代の社会にはどんな変化が起きているのか(良い面も悪い面も)。スマホ時代のライフスタイル、ライフデザインは、何をどう考えていけばいいのか。

そんなことを考えてみようという1日講座が、以下の要領で開催されます。今回は1日講座ですが、来年の春には3回完結(全3回)拡大バージョンの講座も予定されています。今回の1日講座は、予告編のような位置づけです。

一緒に、スマホ時代に何が起きているのか、この時代をどうやって生きるのか、考えてみませんか?



講座タイトル:スマホ時代の処世術
日時:2015年1月24日(土曜日) 10:40〜12:10 *要予約*
場所:清泉女子大学 1号館4階140教室(予定)
申し込み方法:清泉ラファエラアカデミアの1日講座のページを参照。