2013年8月30日

ローカルの魅力

グローカルという言葉がある。随分前によく使われていたように思う。グローバル化時代のローカルを、わりとポジティブに表現した言葉だと理解している。

最近は、その当時より耳にする機会は減ったようにも感じるが、この言葉の意味は、いささかもその価値を失っていない。むしろ、増大しているし、この先、ますます「ローカルの魅力」について考える重要性が増すことになるだろう。

「ローカルの魅力」というが、ローカルなら何でもいいわけでもない。どんどんローカルな魅力をこれから発見しましょう、というだけのことでもない。やや厳しくいうなら、同じローカルでも、魅力あるローカルと、そうでもないローカルがある。ただ、ローカルならいいわけではないのだ。

今は、学生たちと「フィールドワーク」という授業のため、NZの田舎街に来ている。でも、ただの田舎街ではない。田舎の良さにだけ溢れているというわけでもない。もちろん、周りの自然は素晴らしい(3つの国立公園と2つの海洋保護区に囲まれている)が、徒歩で完結する街の中心部には、魅力溢れるローカルなお店が溢れている。

レストランもカフェもレベルが高いし、アーティストのお店も多い。映画『ロード・オブ・ザ・リング』で使用された指輪を制作したというジュエリー専門店もこの街にある。

今回のフィールドワーク講義の共通テーマは、「自然と現代社会・現代文明との関係性を再考する」というものだが、学生たちには、「ローカルの魅力の源泉」についても調査してもらっている。

「魅力溢れるローカルとそうでないローカルとの分かれ道は何か?」というテーマである。今も、学生たちは、街を歩き、人に会い、話し、感じ、食べ、笑いながら、フィールドワーク敢行中である。明後日からは、泊まりがけで国立公園を、ネイチャーガイドと共に歩く。

「ローカルの魅力の源泉」という次の時代に核となるテーマの答えは、おそらく机の前で考えていても、ネットでどれだけ情報を集め、記事を読み、動画を見てもわからないと思う。

「Don't think, just feel!」の世界である。来て、見て、触れて、五感プラスαで「感じる」ことだ。その上で、自分の頭で判断したらよい。「常識のワナ」にとらわれないことだ。

「感動の質と量が深く大きいほど、人生はより豊かになる」と信じている。「自然が美しすぎて涙が出た」という種類の感動を大事にしたい。