2012年7月15日

規模の効用

ここ数年、「都市の規模」についてずっと考えている。石油ピーク後の社会を念頭においた上での「オモシロイ都市とは?」という問いである。

この先、大都市およびその近郊に住むことはリスクが高すぎると判断し、生活の拠点をより小さな都市に移した。選んだのは松本市だ。

とはいえ、石油ピークのことを考えるならば、もっと自給自足的な生活に近い場所、それを実現できるような場所に生活の拠点を構える方がいいのだろうとは思う。実際、我が家の感覚では、松本市の都市中心部に拠点を移すというのは「最終形態」ではなく、その次に向けての「つなぎ」的な位置付けである。

それでも、周囲には「最終形態」を想像しうるような自然環境が豊かである。街のど真ん中にいても、自然のエネルギーを感じることができるのは、この都市の魅力だ。というわけで、当面は、ここを拠点に、次の時代のライフスタイルを模索していこうと思っている。

ただ、「石油ピーク」云々というのは、やや言い訳めいたところがある。実際のところ、正直に言うならば、我が家が松本市に拠点を移したのは、石油ピーク要因といううより、ただ単に街が持っている魅力に惚れてしまった、という要素の方が圧倒的に強い。その魅力を一言で言えば、「街の文化レベルが高く、都市の寛容性も高い」ということに尽きる。

そんな松本は、今、「大歌舞伎」一色である。2年に1度行われる1週間程度の歌舞伎公演の間中、街は歌舞伎で大いに盛り上がる。演目は「天日坊」。リンクを見てもらえばわかるようにキャストも豪華である。

地方都市で、これだけの期間、これだけのキャストをとどめておけることのできる都市、言い換えれば、これだけの期間にわたって会場を満員にし続けることができる都市は、日本の中でどれくらいあるだろうか。極めて限られるのではないだろうか。

街の人びとと役者や演出家の関係が、極めて近いのも特徴だ。公演を終えた役者さんは、そのまま街に出て食事をし、飲みに行く。街の人たちも、ただ遠巻きに「有名人」を見るという態度ではなく、舞台の感想などを直接役者さんにフィードバックする。街の人が、当たり前のように舞台を見ているからこそ成り立つ関係だ。こうしたダイレクトな反応が松本公演の魅力だと語る役者さんも多い。

このような形で文化的な営みに近い距離で関われるというのは、「規模の効用」とでも呼べるものだと思う。文化イベントの数でいえば、圧倒的に東京の方が多いだろう。ただ、東京では都市の規模が大きすぎて、文化・芸術との距離が遠くなってしまう。劇場までの物理的な距離も遠い。東京という巨大都市の中で、せっかくの文化イベントが埋没してしまうのだ。

その点、松本はいい。文化イベントを呼べるだけの規模がありながら、埋没してしまうほど大きくはない。というより、街をあげて盛り上がらなければ、トップレベルの文化を呼ぶことができないくらい小さな都市に過ぎない。市民の文化・芸術に対する理解が深いから、盛り上げようとするし、実際に盛り上がる。

日曜日の昼間は、歌舞伎役者さんたちが松本城に向かって人力車でパレードする「登城行列」が行われた。今にも雨が降り出しそうな天気だったにもかかわらず、沿道には多くの市民が集っていた。すごい動員力である。文化イベントが、街に根付いているからこそなのだろう。

この週末から、松本出身で世界的なアーティスト草間彌生さんの「草間彌生展」が市民美術館で始まった。コミュニティシネマ運動も盛んで、良質の映画が毎月のように上映されている。来月は、小澤征爾さんが総監督を務める「サイトウ・キネン・フェスティバル」も行われる。

物理的にも心理的にも「すぐそば」という距離感でこうしたイベントと触れあえるのは、松本の魅力だ。「規模の効用」だと言える。大きければいい、量が多ければいい、という時代は終わろうとしているのだ。もちろん、都市も例外ではない。