2012年3月13日

「ブーメラン」の破壊力

このままの生活が、今と同じ様なシステムが、この先もずっと続くわけがない。同世代の人たちとの個人的な会話において、こうした認識を示す人は驚くほど多い。みんな、内心では、今の延長線上に未来はない、と感じているようだ。

世間的にも、「何かおかしい」という風潮は、ここ1年で急速に人々の意識に浸透してきたような気がする。先日、書店をフラフラしていた時も、悲観的な近未来を描き出した著作が一気に増えてきたな、という印象を持った。帯には、でかでかと「国家のデフォルト」とか、「ハイパーインフレ」といった文言が並んでいる。

たとえば、マイケル・ルイスの『ブーメラン:欧州から恐慌が返ってくる』(文藝春秋、2012年)だ。ちなみに、この本の帯の文言は「メルトダウンツアーにようこそ!!!」である。


本書は、2008年の金融危機を見通し、サブプライム・モーゲージ債市場が崩壊する方に巨額の掛け金を注ぎ込み、一気に財をなした、テキサス州のとあるヘッジファンド経営者(カイル・バス)のエピソードからはじまる。彼が次に崩壊すると予測し、多額の掛け金をかけているのは国家だ。
カイル・バスによれば、金融危機は終わっていない。裕福な欧米諸国のじゅうぶんな信用保証能力によって覆い隠されているだけだという。わたしは金融危機の行く末について、バスと同僚たちが交わす意見にめまいを起こしそうになりながら、一日かけて耳を傾けた。個別の債権の崩壊など、もはや話題にはのぼらない。ここで話されているのは、世界のあちこちで国家が崩壊しつつあるということだった。(10頁)
カイル・バスが、一般市民に対してするアドバイスは、「銃と金(きん)」に手持ちの資金を投資せよということだそうだ。金は先物ではなく、現物の金だといい、机の引き出しからばかでかい金塊を取り出し、どんと置いたという。

さらに、米国の5セント玉を2000万枚買ったという。その理由は、「5セント玉に含まれるニッケルや銅の価格には、6.8セント分の価値があり、これから2年以内に、きっと5セント玉の金属含有率が変わる」と予測しているためだ(17-18頁)。

そんな彼と、彼の仲間が、最も多くの資金を破綻の側にかけているのが、日本とフランスだという。そして、人里離れた数千ヘクタールの土地に、広い屋敷、水道設備、軍用の自動小銃と狙撃用ライフルと小型の爆薬を納めた武器庫を作って、「その時」に備えているらしい(19頁)。

何もそこまでしなくても……、という声とともに、このテキサスのヘッジファンド経営者は、少し「狂って」いるのではないか、という感想も聞こえてきそうである。

とはいえ、こうした近未来予測は、特段新しいわけではない。特に、石油ピーク問題を憂慮してきた人々にとっては、かねてから主要な話題として取り上げられ、懸念が表明され続けてきた。

極めて単純化してその懸念を要約すれば、「数々の研究が指摘しているように経済成長とエネルギーの投入量とには極めて深い関係があり(この点については、ストローンによる『地球最後のオイルショック』の第5章が詳しい)、石油の生産量がピークを迎え減耗局面に入るようになると、経済成長も難しくなる。金利を組み込んだ現行の金融システムを維持するためには、少なくとも金利分の経済成長が宿命づけられているが、有限地球において金融システムが要求する無限成長は不可能であり、投入可能なエネルギー量が頭打ちになるにつれ、金融システムも崩壊することになるであろう」ということになる。

最近『ネイチャー』誌に掲載された論考が指摘しているように、原油生産の転換点は2005年頃だったという見解を真摯に受け止めるならば、その影響がグローバル化した金融システムを直撃するのは「時間の問題」だと考えるのは、それほど「狂った」思考とは言えなそうだ。

『ブーメラン』というタイトルは、副題が示しているように、米国発のサブプライム・ローン危機が欧州に渡り、欧州では国家デフォルト危機として顕在化し、その危機がブーメランのようにまた米国に戻りつつあるという状況を指した言葉である。

おそらく、この「ブーメラン現象」は、不可避なのだろう。議論が分かれるのは、この「ブーメラン」がどれほどの破壊力を持っていると見積もるか、ではないだろうか。場合によっては、少なくとも北半球の経済をメチャメチャにしてしまうほどの破壊力を持っている可能性もある。

この次の危機が、「国家」を壊すものだという予測が現実化するのならば、(壊れてしまう「国家」の国民にとって)「国家」に救済して貰うというシナリオは期待薄である。そう考えるならば、個々人がそれぞれ「ブーメラン」の到来時期とその破壊力を見積もり、対応策をとっていくということになるだろう。

自分の「国家」は、残るのか、壊れてしまうのか。壊れてしまうとすれば、どう対処しようか、というわけだ。

さて、結局のところ「狂って」いるのは、「ブーメラン」の存在とその破壊力の甚大さを信じる人々なのか、それとも「ブーメラン」程度ではびくともしないと現行の金融システムの存続を信じる人々なのか。