2012年1月29日

『官報複合体』

日米の新聞比較を中心としたジャーナリズム論の力作。


牧野洋『官報複合体:権力と一体化する新聞の大罪』講談社、2012年。

著者は元日本経済新聞の記者で、現在アメリカに在住しながらフリーのジャーナリストとして活躍している。本書の構想は、20年以上前に、著者がコロンビア大学のJスクール(ジャーナリスト養成のための大学院)に留学中に受けた「衝撃」以来暖めてきたものだという。

20年の時を経て本書が世に出た格好であるが、時節にかなっているのではないかと感じる。すでに日本でも「新聞社の苦悩」が多くの場所で指摘されるようになっているし、旧来から指摘されてきた「記者クラブ問題」も以前に比べれば多くの国民が知るところとなっている。

具体的なエピソードや事例が豊富であり、地に足がついた議論が展開されている。説得力もある。同様の問題意識から執筆された類書がゼロというわけではないが、ボリュームも内容も間違いなく「力作」である。

私自身の経験でも、本書と同様の問題意識や日本のマスコミへの物足りなさ感から、約5年ほど前からほとんどテレビを見なくなり、(紙の)新聞の購読をやめてから約2年が経つ。よく考えたら、インターネット経由でも日本のマスコミ報道をあまり読んでいないかもしれない。従来型の「メディア」や「ニュース」というものにあまり関心をなくしてしまったのだと思う。(マスメディアでなく、新しいメディアであるインターネットにしても、今後、接する時間をできる限り削りたいと思っている。)

本書を通して、ウォール・ストリート・ジャーナル紙のユニークさとある種のすごさを知った。もっとも、著者も嘆いているように、2007年にマードック氏に買収されて以降、その輝きを失いつつあるのだそうだが。

そういえば、とあるシンクタンクで研究報告をした際、フロアのジャーナリストから、「構造的にみてマスメディアの凋落が避けられないと思われる近未来、ジャーナリズムはどうなると思うか?」という質問を受け、うまく答えられなかった経験があったことを思い出した。

本書を読んだ後でも、私自身、まだ明確な答えにたどり着けたわけではないが、「ジャーナリズムの必要性は近未来であってもいささかも減じることはない。むしろ、その重要性は増すだろう」という思いは強くなった。

やや残念なのは、本を売るためのマーケティングなのか、帯がやたらと扇動的な点だ。確かにそういった記述は本文中に見られるが、著者の丹念な議論の中心ではない。帯に引いてしまうことなく、一読すれば、その価値を感じられることと思う。