2011年8月26日

IIUM


冬のニュージーランドを離れ、夏の(常夏の?)クアラルンプールにやってきた。マレーシアにおける「イスラームとインターネット」に関する調査を行うためだ。

到着翌日、早速、IIUM(International Islamic University Malaysia)を訪問する。KLの街中からはちょっと遠い。電車で終点まで行き、そこからまたバスに乗らなくてはいけない。多くの学生は、オンキャンパスに住んでいたり、この近くに住んで車やバイクなどで通っているという。

この大学は、マレーシアにいくつかあるイスラーム研究が出来る大学のうちの一つである。留学生も多く、国際色豊かだ。ほとんどの学生はムスリムだが、一部非ムスリムもいるという。

それにしてもキャンパスが広い。キャンパス内には、教職員や学生が利用できる「チャイルド・ケア・センター」がある。子供がいても研究・教育・勉強に打ち込めるというわけだ。こういった感覚は、欧米の大学に近いものがありそうだ。自分に子供が出来てから、子育て環境には敏感になった。その意味では、日本の平均的な大学よりも、こちらの大学の方が数段子供フレンドリーだ。ちょっぴり、うらやましい。


図書館も見学させてもらったが、アラビヤ語の書籍も含めてかなり充実している印象を受けた。もちろん、キャンパス内はwifiコネクションが整備されていて、大学のどこにいてもインターネットにはアクセスできる。

この大学を案内してくれたのは、私のアラブ人の友人だが、大学環境が整備されているのがうらやましいと、自国(シリア)と比較してため息をついていた。「いつかシリアもこのレベルになれば。。。」とも。

これまで、アラブ圏のイスラーム研究者と議論する機会がほとんどだったが、東南アジアのイスラーム研究者との対話は、また新たな視点を与えてくれ面白い。アラブ圏は、ある意味「モノ・カルチャー」社会の中でのイスラームであるが、マレーシアでは「多文化社会」の中でのイスラームという視点がいたるとことで垣間見られる(会話の中で)。

この国でも、アラブ圏にイスラーム研究のために留学する学生は多いが、アラブでの経験や学んだことを、そのままマレーシアに適用させるのは多少無理がありそうな印象を受けた。こちらの社会の文脈である種の「翻訳」をして、この社会の中で学んだ知識を活かしながら日々の活動を行っていくことが重要なのだろう。

最近では、中国系のマレーシア人の中にも、仏教からイスラームに改宗する人が増えているという。インド系の人にもヒンズー教からの改宗者がいるという。公共スペースでイスラームについて語ることが以前に比べて増えているし、容易になってきたとも教えてもらった。東南アジアのイスラームについて、もう少し本腰を入れて学んでみたい。今回の訪問は、いいスタートになりそうだ。