2011年6月29日

コプト教徒の食事規定

昨日の研究会では、エジプトにおけるコプト教徒についての発表を聞いた。歴史的な背景も含め、私のように内実がよくわかっていない人にとっても、全体像をつかむことのできる大変勉強になる報告だった。

報告の中で、コプト教徒は断食(それも年間5回で計165日も!)をしているということを初めて知った。ただしこの場合の断食は、イスラームにおけるラマダーンのような形(ラマダーン月に日の出から日没まで断食をする)というのとは形態が異なる。

どうやら、初期キリスト教が持っていた食事規定に則るような形で、たとえば「動物性蛋白質」を摂らない、などの形で断食をするのだそうだ。断食というよりは、食事規定という方が近いかもしれない。

多くの宗教が、なんらかの食事規定を設けているのは実に興味深い。その当時と今とでは、食料の生産原理が決定的に異なる。現代人は、石油をふんだんに投入し、いわば「工業的農産法」によって大量の食べ物を確保している。これは、石油というエネルギー源が、社会で広く使われている時代でなければ不可能な方法である。

1つの試算によると、現代的な食料生産では、食物1キロカロリーを得るために、約10キロカロリー分の石油を投入しているという。食肉生産は、そうしてとれた穀物を家畜に与えることで成り立っている。そうでなければ、現代ほど大量の「余剰食肉」が社会に出回るはずがない。つまり、今ほど「動物性食品」が巷にあふれている社会は、人類史の中で考えると極めて特殊な状況だということである。

石油を食料生産に用いることができなかった時代においては、「動物性食品」は貴重であったはずである。そして、多くの宗教が、その「動物性食品」とのつきあい方について言及しているのは興味深い。化石燃料を大量投入できない時代における、人間の食のあり方に関する「智慧」が刻み込まれているような気がしてならない。

そして、我々はまもなく「エネルギーの減耗期」に突入しようとしている。「衣・食・住」のプライオリティを考えると、「食」が最も重要である。かつての宗教の教義の中には、「エネルギー減耗期」を生きることになる現代人への示唆が含まれているような気がしてならない。

現代でも続いているコプト教徒の「断食話」を聞いて、そんなことを考えた夜だった。