2011年6月24日

グリーン経済か、パーマカルチャーか?


3.11以降、再生可能エネルギーに関する議論が白熱している。とはいえ、「再生可能エネルギー推進論者」には大きく分けると2つのタイプがある。決して一枚岩ではないのである。そのため、議論がいまいちかみ合わない。

一体、2つの異なるタイプとはどのようなものなのか、なぜ、どのように異なるのか。理解のためのキーワードは、「エントロピーの法則」および「EPR」(Energy Profit Ratio)である。

そして、未来に対する4つの異なるシナリオと、その信奉者たちをカテゴライズすることでも、主張の違いが見えてくる。

そんなことを考えながら、執筆したコラムがShiftMにて公開されました。

グリーン経済か、パーマカルチャーか?」(ShiftM、2011年6月13日)

歩み寄れそうで歩み寄れない、反主流派たちの「不幸な断絶」を乗り越え、建設的な対話がはじまることを願っています。